2013年10月26日土曜日

広告掲載をした場合は必ずWebも更新する

イベントイメージ
先日、新聞を見ていたらとても気になるイベントの広告がありました。
新聞の内容でもイベントの概要はわかったのですが、もう少し内容について知りたかったのと、インターネットで管理している予定表に入れておきたかったので、ホームページで確認しようと思い探しました。

その施設のホームページはすぐに見つかったのですが、お目当てのイベントの情報がありません。
以前の開催されたイベントは掲載されているのですが、新着情報を見ても、イベントの一覧ページを見てもないのです。

せっかく高いお金を払って新聞で告知をしているのに、詳細がホームページに掲載されていないのです。

今日見たら掲載されてましたが、私に限らず、新聞を読んで興味を持った人がいらっしゃっても、そのときに掲載されていないのでは、チャンスを逃してしまいますよね。

イベントに限らずですが、何らかのメディアに掲載をする(される)のであれば、ホームページには必ずその詳細な情報を掲載をしておきたいものです。


ホームページにイベント情報を掲載する場合は以下のことに注意してください。

タイトル、日時、料金などコピーができるテキストでの掲載とする

コピーができるテキストで掲載をしておくと、メールやメモにコピーをすることが簡単です。
パソコンのカレンダーなど、自身の予定に組み入れることはもちろん、他の人にも知らせやすいのです。
もしもインパクトを持たせるためにタイトルや日時を画像で表示させているならば、それとは別にコピーできるテキストを用意しておきたいものです。

地図での案内は必須

簡略化された地図を掲載すればとてもわかり易くなりますが、あわせてGoogleなどの地図サービスを利用することも必要です。
Googleマップだとパソコンの場合、経路検索や所用時間を簡単に調べることができます。スマートフォンやタブレットでしたらナビも可能です。

印刷用ボタンの設置

印刷が簡単にできるよう、印刷ボタンを設置するのも有効です。印刷用のレイアウトに変えることができれば、なおいいですね。

口コミを促すソーシャルボタンを設置する

FacebookやTwitter、Google+、LINEなどイベントページを共有するためのボタンを設置することで、口コミが期待されます。
参考:
簡単にソーシャルボタンを設置できます。(忍者おまとめボタン)
http://www.ninja.co.jp/omatome/


最後にイベントの告知やチケット販売に便利なサービスをいくつかご紹介。

  • イベントフォース
    http://eventforce.jp/
    イベントの告知、申込者の管理や名簿の作成が可能。
    資産運用カテゴリに該当するイベントや参加費が一定額以上のイベントの掲載は有料。
  • eventcast
    http://clip.eventcast.jp/
    いろいろなサイトのイベント情報をまとめて、日ごと(週ごと、月ごと)にどんなイベントがあるかわかる。
  • こくちーず
    http://kokucheese.com/
    イベントの告知、申込者の管理や名簿の印刷、アンケートの分析などが可能。
  • everevo(イベレボ)
    http://everevo.com/
    告知だけでなくチケットの販売管理、決済、参加者管理が可能。有料イベントの場合、チケット1枚販売ごとに5%の手数料が必要。
  • イベントアテンド
    http://atnd.org/
    告知だけでなくチケットの販売管理、決済、参加者管理が可能。有料イベントの場合、チケット売上の8%が手数料となる。

2013年10月18日金曜日

Googleプレイスを利用する

こんばんは。ヒロジーコム上空です。
もう週末ですね。今週は月曜日がお休みだったので、一週間がとても早く感じます。

今、この記事を書きながら、ローリング・ストーンズを聴いています。
初来日のときに東京ドームへ観に行ったのですが、あれから23年。歳を取るのも早いな(^_^;)

そんな思いでとはまったく関係ありませんが、今日はGoogleプレイスについて。


Googleプレイスはお店や事業所、サービスの情報を掲載できるGoogleの無料サービスです。
サービスとしては既に何年も提供されているものなので、ご存知の方も多いでしょう。
Googleの検索結果やGoogleマップの検索結果に情報が表示されます。
例えば「広島市 ホテル」と検索してみてください。
右側に「広島市 ホテルのマップ」という地図が出てきます。
そこにいくつかアルファベットのピンが表示されています。
左側の検索結果内にも表示されていますよね。
そうです、Googleプレイスに登録をしておいたほうが、検索にも有利で、よりお店のアピールができるのです。


Googleマップの検索結果は、主に関連性、距離、知名度に基づいて抽出され、最適な検索結果として表示されます。
詳細はこちらをご覧ください。
https://support.google.com/places/answer/7091?hl=ja&ref_topic=1656748

まだ登録していなければ、ぜひ登録してくださいね!
以下、登録方法です。


Googleプレイスへアクセス

http://www.google.co.jp/landing/placepages/owner.html
へアクセスして、「オーナー登録をする」ボタンをクリックします。


電話番号を入力して登録の有無を確認

電話番号を入力して、お店(や事業所、サービス)が既に登録されているかどうか検索します。
登録されていない場合は、基本情報を入力していきます。
既に登録されている場合は、お店の地図が表示されるので編集ボタンをクリックして、基本情報を入力します。



情報の入力

基本情報のほかに、営業時間や支払い方法、写真や動画の掲載も可能です。



PINの受取方法を選択

入力をして送信を押すと、お店のオーナーであることを確認するために、電話かハガキ郵送どちらかの方法でPIN(暗証番号)を受け取ります。ハガキが到着するまで通常2~3週間かかるので、電話のほうが良いでしょう。



Google+ローカルに掲載

完了ボタンをクリックしたら、PINを入力する画面に遷移します。電話またはハガキで通知されるPINを入力すれば完了です。
Google+ローカルに掲載されます。


2013年10月10日木曜日

お客様の声はできるだけ詳しく、整理して掲載する

お客様の声こんばんは。ヒロジーコム上空です。
いつのまにか深夜枠(笑)
22時前に外に出たのですが、なんだか夏の夜のような雰囲気でした。
気温がさがっていないのかな。

さて今日は「お客様の声」について書きます。
みなさんのホームページで「お客様の声」は掲載されていますか。
業種にもよると思いますが、「商品を販売する」あるいは「サービスを提供する」中小企業では、必ず掲載していただきたいコンテンツです。

もちろんただ掲載するだけでなく、できるだけそのお客様の気持ちが伝わるものでないといけません。
では、どんなことに気をつければ良いでしょう。

  • お客様には簡単な質問項目について、答えていただくかたちにする
    お客様にただ「どうでしたか?」と聞いても、質問が漠然としすぎていては答えにくいもの。
    答えも通り一辺倒のものしか返ってきません。
    例えば、弊社ではこのような項目で伺っています。

    ・ホームページ制作をご依頼されるまでは、どのような事でお悩みでしたでしょうか?
    ・当社のホームページ制作を、どちらでお知りになりましたでしょうか?
    ・すぐご依頼されましたでしょうか?数日間ご検討された後、依頼されましたでしょうか?
     理由もお聞かせ下さい。
    ・何が決め手で依頼されましたでしょうか?
    ・サービスをご使用されて、いかがでしょうか?ご感想やご要望をお聞かせ下さい。


    お客様にも答えやすく、閲覧する方にも見やすくする必要があります。
  • プライバシーを侵害せず、できる限りお客様の情報を掲載する
    おおまかなところでは、年齢、性別、地域でしょうが、可能ならば氏名(社名)、業種、そして写真があると信頼度は格段にアップします。
    もちろんお客様の許可をとってくださいね。
  • 多くのサービスや商品を持っているのであれば、その項目ごとの声にする
    せっかくの声も羅列するだけでは、見ていただけません。
    サービスの種類ごとにまとめてください。
せっかくいただいた「お客様の声」。有効に活用してください。

2013年10月3日木曜日

申し込みや注文は複数のフォーマットを用意する

こんばんは。上空です。
今日は学生さんと打ち合わせをしてきました。
初々しく、元気があっていいですね。力を分けてもらった気がします。

今回は申し込みや注文について考えます。
ホームページからの申し込みというと、代表的なのはメールフォームでの申し込みですよね。
商品の注文であればショッピングカートのプログラムを利用したりもします。

これらは手順に沿って入力をしていくことで、簡単に資料請求をしたり商品を購入することができます。
でも名前や住所に始まり、お届け日の指定や会員登録など、思いのほか入力をすることが多くて面倒なのも事実。
私みたいに入力好き(笑)な人には良いのですが、やっぱり面倒だという人もいるのです。

そんな方のために、メールフォームや、ショッピングカートの代わりになるものを用意しておきましょう。
難しいことではありません。
電話番号とメールアドレスを掲載しておくのです。
それだけで幅は広がりますよね。
さらにはFAX。まだまだFAXでのやりとりをする方はたくさんいらっしゃいます。
もちろんFAXは番号を掲載するだけではなく、FAX用の注文用紙もダウンロードできるようにしておいてください。


ちなみにメールアドレスは決してそのまま掲載してはいけません。
掲載すれば一気にスパムメールの餌食になります。

メールアドレスはHTMLエンティティに変換をしてから掲載すれば、完全にとは言えませんが、スパムからメールアドレスを守ることができます。

例:
hogehoge@hiro-g.comに、このメールアドレスをリンクする

通常のソース
<a href="mailto:hogehoge@hiro-g.com">hogehoge@hiro-g.com</a>

HTMLエンティティ(ここでは数値参照)すると
<a href="mailto:&#104;&#111;&#103;&#101;&#104;&#111;&#103;&#101;&#64;&#104;&#105;&#114;&#111;&#45;&#103;&#46;&#99;&#111;&#109;">&#104;&#111;&#103;&#101;&#104;&#111;&#103;&#101;&#64;&#104;&#105;&#114;&#111;&#45;&#103;&#46;&#99;&#111;&#109;</a>
となります。

ソース上では数字だらけですが、ページをみるとhogehoge@hiro-g.comとなっています。


私がよくお世話になっているところ
http://www9.plala.or.jp/oyoyon/html/script/change_char.html


お客様に最適な方法を複数用意することで、申し込みや注文を多くしましょう。

企業のホームページ・ITに役立つブログを始めました

広島のホームページ制作事業者 ヒロジーコムでは、企業の方のホームページ運用・IT化に役立つブログを始めました。

これまでの制作で培われた制作方法や、クラウドサービス導入事例など、ホームページ運用およびIT化に役立つ内容をお伝えできればと思います。

よろしくお願いいたします。