2014年5月16日金曜日

ブラウザのキャッシュをクリアする

こんにちは!上空です。
初夏ですね!とても気持ちいい天気でした♪


さて、今日は以前よりお客様からお問い合わせの多い「キャッシュのクリア方法」について書きます。
(2014.5.16現在の情報です)

ホームページを更新したら、お客様には必ずご確認をしていただくよう連絡をするのですが、時折「更新されていないよ」と連絡をいただく場合があります。
もしや正常にアップロードされていないのではと思い、制作側でも再度確認をするのですが、こちらでは更新されているということがあります。
インターネット上の同一場所の同一ファイルなのになぜ?と思われる方もいらっしゃるかと思います。
これは、インターネットを閲覧するウェブブラウザというアプリケーション(以下、ブラウザ)のキャッシュ※1が残っているためです。

もしも業者が「更新した」と言っているのに、更新されていなかったら、以下の操作をしてみてください。

※1 キャッシュ
アクセスしたことのあるWebページをブラウザが記憶し、再度表示するときに同じページの表示を速くする仕組み。
よく閲覧するページでは、キャッシュが残りやすくなります。


各ブラウザ共通

まずは該当ページを表示して、ブラウザの更新ボタン(それぞれ特徴があるのですが、基本的には矢印が回転しているようなアイコン--URLを入力する近くにあります--)を1~数回クリックしてみてください。あるいはブラウザを起動した状態で、WindowsはF5キー、Macはcommand+Rキーを押してみてください。

上記で改善されない場合は、以下(Windows)も試してください。


Internet Explorer(9~11)

  1. 「ツール」メニュー(もしくは右上歯車アイコン)から「セーフティ」→「閲覧の履歴」の削除をクリックします。

  2. 「インターネット一時ファイル(インターネット一時ファイルおよびWebサイトのファイル)」にチェックを入れて「削除」をクリックします。


FireFox(29.0.1)

  1. 右上の三本線アイコンから「履歴」→「最近の履歴を消去」をクリックします。

  2. 消去する履歴の期間を「すべての履歴」とし、「消去する項目」をクリックして「キャッシュ」にチェックをいれたら、「今すぐ消去」をクリックします。



Google Chrome(34.0.1847.137)

  1. 右上の三本線アイコンから「履歴」をクリックします。



  2. 「閲覧履歴データの消去」をクリックします。



  3. 「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れて、「閲覧履歴データを消去する」をクリックします。







制作をする側にとって、キャッシュはよく知っている現象ですが、お客様は、そういう体験をされたことがない方がほとんど。よりお客様側の視点に立った、説明が必要だと感じました。




ヒロジーコムは、問い合わせが増えるホームページを作成します。お気軽にお問い合わせください。